年末に向けて借り入れが必要でも、違法な金融業者にご用心

  • 2015年12月16日
  • 金融

いくらお金が必要でも、違法業者からは借りてはいけません。
ブラックリストに載っている方や多重債務者など、他ではお金を借りれない方をターゲットにしてくるのが違法な金融業者のやり口です。

方法は電話で勧誘、チラシやDMメールを送り、脈のありそうな顧客を絞り出します。


最初は信用調査と言い、1万2万と言った小額の貸し出しを行い、暴利をむさぼります。

また、貸し出しを行うならまだしも、携帯の新規登録をさせたり、口座を作らせた上でお金の貸し出しを行わず、トンずらといった悪質なケースまであります。

この場合では、契約を行った本人も罪に問われる危険性があるので注意が必要です。

利息は当然高く、例えば1万借りても1週間後には利息だけで5000円、1万円請求され、払えなければ貸出前に聞いておいた家族や親戚に取り立てを行います。

すぐにあなたが払えなくなるのは分かっていますから、2重3重にとりっぱぐれの無いよう防御策を打っています。

また、違法金融業者かどうかは金融庁で登録番号を調べれば分かりますが、巧妙化しており、架空の登録番号を表示していたり、大手の登録番号を偽装している可能性まであります。

総量規制が変更されてから数年が経ち借り入れが難しい方も多くなったと聞きます。

また、年末に向けて何かとお金が必要になりますが、ヤミ金業者で借りればひどい目にあう事が分かっていますので、好奇心でも近寄ってはいけません。

もしも手を出してしまったら早急に解決する必要があります。
ヤミ金助けて.com




コメントはまだありません


Puedes dejar el primero : )